Page Navigation

  Home
  今市郷土芸能保存会
  プロフィール
  連絡先
  オリジナル創作品
  活動情報
  神戸新聞ニュース
2009年新曲練習
今回の新曲は、16曲目の創作品でございます。
10月4日(日曜日) 合同練習開始。
10月10日(土) メロディー部分の合奏練習。
10月16日(金曜日) 太鼓徹底修練会。
・新曲のリズムの流れと強弱、
・最良のバチの握りとは。
10月25日(日曜日) 合同練習
・篠笛と津軽三味線の音合わせ。
・太鼓…裏テクと肘抜き復習。
10月30日(金曜日)
新曲の練習、文化祭の練習。
・新曲→構成の練習。中太鼓ソロリズム作成。
・文化祭→屋台囃子。
11月6日(金曜日) 西播磨生活創造しんぶん「ネットめばえ」様からの取材を受ける。
当日の練習↓
・(新曲)メロディ練習
・ソロ パート
・構成の流れを通した練習の予定。
11月13日(金曜日) ・新曲の構成と流れ、テンポの変化など。
・曲名を考える。(第一候補は、「三鼓音−夢想ver」)
※コメント
新曲をテンポの変化などを取り入れ演奏した感想としては、完成度が高くなってきたように感じます。この調子でレベルを上げていけばオリジナル曲としては最高傑作になるかも。
11月20日(金曜日) ・新曲の構成を一通り流す。
・新曲の曲名決定  「夢想」になりました。
きやり、花宴、練習。
11月22日(日曜日) 真一さん、津軽三味線で出演。保存会メンバーで観に行く。
午後8時から、渉とマンツーマンで「夢想」を練習。
※コメント
渉のリズムは正確です。気持ちよく合せられました。
予備
 

情報

デモテープ:クリックするとWindows Media Playerが起動
(Playerの設定をMedia Playerにしてください。)

「風雅」4:11

「風の詩」4:10 (練習時なので少し音が乱れているところがありますが・・・)

 
 Sponsor Ads
 Site Points of Interest

和太鼓に決まった形はない。
自分自身の心の表現であったり、理想を形にしようと努力した結果の表現であったりする。
 Other Interesting Things

和太鼓のバチさばきは、古代の武術からヒントを得ている。
最も参考になったのは、宮本武蔵の二刀を持った肖像画である。
あの構えから繰り出される、融通無碍の武技は、和太鼓奏者のお手本です。